フィジカル、メンタルを整えて最短で上達しよう!!

FrontPage

祝!全日本選手権ハーフパイプ/一般の部3位 2016年3月15日
祝!PSAプロスノーボーダー資格取得

齊藤蒼太 君(6年生)
昨年のユースの部からクラスアップしての快挙。
2014年春からアスリートプログラムに参加。
月1回のトレーニングで、それ以外では自主練に励み
2015年夏よりボードメーカー「MOSS Snowboards」からスポンサーサポートを受ける。

全日本選手権ハーフパイプ/一般の部3位 齊藤蒼太


祝!全日本選手権ハーフパイプ/シニアメンの部準優勝  2016年3月15日

今野潤一 さん
15年のブランクからの復帰を誓い、チーム「Area51s」に登録。
2014年のレッスン受講当初から大会出場と入賞を視野に入れ
多忙な仕事の合間に地道にトレーニングを続ける。
当日はボードが折れるアクシデントに見舞われながらも
そのままのボードで出場して準優勝!!

全日本選手権ハーフパイプ/シニアメンの部準優勝 今野潤一 さん


2016/4/4更新


「加速上達」

スノーボードは団体競技ですか?

考えるまでもなく個人競技ですね。



個人を伸ばすためには、その個人に合わせたプログラムが必要です。
個人に合わせたプログラムを、他の選手と同じ土俵で、同じ時間軸で伝え導くことはできません。

ゴルフ、テニス、フィギアスケート…などの個人競技の中で
勝つために団体練習を重要とするものがあるでしょうか?

組織の中での社交性や協調性、団体活動によるリーダシップや
チームワーク等は学校などの義務教育課程で学べます。
ライバル心を育み、向上させるのであれば、
大会に出場したり、コーチングで導いたりすることで得られます。

特殊なスポーツのスノーボードで、しかもトップを目指すためには
「みんな一緒に仲良く」は足かせです。



Area51sアスリートプログラムは個々の能力を見極めることを得意とし、
それぞれに合ったプログラムを用意いたします。
個人の能力、才能を見抜き、どこを伸ばし、どんな努力をすれば
目標を達成し喜べるのかを追求していきます。

もちろん、
参加を許されたメンバーだけの国内・海外合宿を限られた回数のみ行い、互いをさらに高め、ステージを上げていく機会も設けています。


自然な情操教育を可能とし、枠にとらわれない、個人プレーヤーに欠かせない自尊心を育み、素晴らしいアスリートスノーボーダーになりましょう。


Area51sアスリートプログラム
ヘッドコーチ
谷部勝彦

システム

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional